Cube サンプル

Cubeサンプルは、MicrosoftのD3D11公式サンプル を元に作成されています。サンプルに Genvid MILE SDK を統合し、弊社のSDKで利用可能な機能を体験していただけるようにしました。

3 つの異なるエンジンを使用して Cube サンプルのバージョンを作成しました。DirectX、Unity、UE4 です。次に、Genvid MILE SDK を各プラットフォームに統合する方法について説明します。

また、2 つの Web 視聴サンプルも用意しています。Web サイト内に組み込まれたスタンドアロンのライブ動画配信プレーヤー (テスト専用)、YouTube や Twitch を使用して、Web サイト上で観戦することができる簡単な参考例と、Twitch 拡張機能の参考例です。

重要

すべての Genvid MILE SDK 統合は、ゲームクライアント統合とビューア統合(通常はWebページ)の両方で構成されています。Cube Sample を実行するには、選択したエンジン統合とともに、シンプルな Web Sample を使用する必要があります。

概要

Cube サンプルでは、Athos、Porthos、Aramis という 3 つのキューブが表示されます。それぞれのキューブは、既定の方向に回転や移動を行います。キューブが端まで移動すると、反対側に移動し、移動を継続します。以下の操作により、一度に 1 つのキューブを操作することができます。

  • 矢印と W A S D キーで、選択したキューブの軌道を変更。
    方向を変更すると、オブジェクトの回転も変更されます。
  • 123 キーでキューブを選択。
  • 選択したキューブの色をテンキーパッドで変更。
  • 選択したキューブの向きを 0 キーでリセット。
  • 選択したキューブの位置を P キーでリセット。
  • Backspace キーでキューブの動きを停止。